atami
雲見についてポイント紹介アクセス
地形派ダイバーから絶大なる支持を得ている雲見。シンボルともなっている「牛着岩」ではケーブ、クレバス、アーチなど複雑な地形が広がりアドベンチャー気分満載のダイビングを楽しむことができる。

雲見についての詳細はこちらから>>

牛着岩/h2>
雲見を代表する地形ポイント。
アーチ・洞窟の数は一日では回りきれないほどで、ソフトコーラルでできたシャンデリアのあるアーチや、行き止まりになっているケーブなどがある。
ケーブには、眼前を覆い尽くすハタンポやネンブツダイの群れがいる。

沖ノ根

ラクダのコブのような形をしている根があるポイント。
一面に広がるイボヤギや、リュウコツウミウチワの壁など、ソフトコーラルが見事。

黒崎

ダイナミックな景観の巨岩の多いポイント。
水深2~10mまで落ちる根や大きく開いたケーブがある根がある。
ケーブの中にぐっちゃりと群れているネンブツダイやハタンポの姿を見たり、差し込む光の筋を見ると感動するに違いない。
雲見についての詳細はこちらから>>

東京方面から4.5時間、名古屋方面から5.5時間

car_02

東名沼津IC~国道136号線を経由して行くか、または真鶴道路から国道135号線で下田まで行き、県道15号線で松崎町~雲見へ。
train_02

伊豆急行蓮台寺駅からバス、もしくはダイビングサービスの送迎となる。
雲見についての詳細はこちらから>>