atami
神子元についてポイント紹介アクセス
画廊岬の沖合10kmの場所にある神子元島周辺を潜る。他のエリアとは比べ物にならないほど黒潮の恩恵を受け、巨大回遊魚やハンマーヘッドなどの群れを見ることができる。時に流れることがあるので中級以上のスキルを持っていることが望ましい。

神子元についての詳細はこちらから>>

カメ根/h2>
島の南側に位置するポイント。
ハンマーヘッドやメジロザメとの遭遇率が最も高い。
下り潮、上げ潮の両方の影響を受けるうえ、南北に根が連なるため潮が微妙に変化し、そのため魚影も濃い。

青根

島の南西に位置する。
神子元島のポイントの中で、最もダイナミックな水中景観をしており、次々と現れる大小様々な形の根を見ているだけでも楽しい。
もちろん、地形だけでなく、カメ根同様に魚影も濃い。

ハシゴ根

根の西側には人が通り抜けることのできるケーブがあり、その中にドチザメの群れ、ヒラスズキの群れが溜まっていることもある。
ソフトコーラルがカラフルに付いている根の周りを見ていると、いろいろなマクロが発見できる。
神子元についての詳細はこちらから>>

東京方面から5時間、名古屋方面から6時間

car_02

真鶴道路から熱海ビーチライン、国道135号線を走り下田を抜ける。
船は弓ヶ浜のほか下田、小稲港からも出港している。
train_02

踊り子号や伊豆急行にて伊豆急下田駅へ。
駅からはサービスの送迎またはタクシーで。
神子元についての詳細はこちらから>>