atami
中木についてポイント紹介アクセス
伊豆半島のほぼ先端に位置する中木。黒潮の影響を色濃く受けるため、透明度が良くソフトコーラルはもちろん、エダサンゴなども群生する。
回遊魚やトビエイなどの大物の目撃例も非常に多いスポットだ。
中木についての詳細はこちらから>>

ハマヤ

伊豆では珍しいサンゴ(エダミドリイシ)の群生があるポイント。シーズンになるとチョウチョウウオの仲間をはじめとする様々な季節来遊魚が数多く見られる。

ナガサキ

岩礁帯に巨大な根が連なっており、島と島の間が切り立った水路状になっている。奥に行くほど狭くなっているが、光が入って透明度が良いときは幻想的な雰囲気が味わえる。

トガイ浜

地形は両端が根やゴロタで、その間は砂地となり、沖は泥地となる。ボートで非常に浅いところに落とし、時間を指定してもらってピックアップに迎えに行くスタイル。

中木についての詳細はこちらから>>

東京方面から4時間、名古屋方面から5.5時間

car_02

下田から石廊崎方面へ行き、石廊崎入り口の信号から7~8分。沼津方面からは、往路は修善寺・天城峠・河津を抜けて、西海岸沿いの道か西伊豆バイパスを利用。

train_02

最寄り駅は伊豆急下田駅。東海道線、東海道新幹線にて熱海、伊東を経由。下田駅からはバス、タクシーで。

中木についての詳細はこちらから>>