マツカサウオ

キンメダイ目マツカサウオ科

見られる場所・伊豆半島全域

撮影地・伊豆半島・川奈

体長・約15cm

毒・なし

見れたらウレシイ度・■■■□□

 

特徴・やや深い場所の岩陰などに生息する。

発行する魚として知られ、下あごについている発光器内に発光バクテリアを保持、薄い緑色に光る。

松ぼっくりのように大きく固い鱗を持つころからこの和名が付いた。